« 「オール・ユー・ニード・イズ・キル(All you need is kill)」を観ました | トップページ | mbed HRM1017 (1)mbedなBLE開発ボード »

「週刊 ロビ」 第69号

Safariscreensnapz024

今回の組み立ては「上半身と下半身を組み合わせ、頭部を完成させる」です。

  1. 下半身の準備をする
  2. 上半身の準備をする
  3. 上半身と下半身を合体させる
  4. 下半身の配線をする
  5. マフラーに「オン」シールを貼る
  6. 動作テストする
  7. リモコンの設定をする
  8. 赤外線LED/マイクボードを取り付ける
  9. 頭部を組み立てる
  10. ロボシールを貼る

です。

69号は分厚くて、組み立てがいがありましたねhappy01

組み立てもほぼ完了して、次で最後ですね。次に付いてくるmicroSDは、「ロビのココロ」と書いてありますね。息が吹き込まれるんですねhappy01

--------------------

--------------------

ということで、今回は以上ですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

|

« 「オール・ユー・ニード・イズ・キル(All you need is kill)」を観ました | トップページ | mbed HRM1017 (1)mbedなBLE開発ボード »

週刊 ロビ」カテゴリの記事

コメント

Robozakの時にお世話になってたものです。
Robiもずっと参考にさせていただいてます。ありがとうございます。
いよいよ、69、70号になりましたね。
先ほど仮に起動させました。
最初に色々質問されたのですが、おそらくこの質問等で性格が決まるのではないかと思います。
とりあえずオープニング?(ちょっと感動させる演出かな)が始まった所で電源切ったので詳しいことは分かりませんが、
オープニングは一度だけのようですし、性格は後から変えられないと書いてあったので、SDカードのバックアップを取っておいた方が良いかも。
おそらくバックアップを取られるとは思いますが、一応書き込みしておきますね。

投稿: ぷち | 2014年7月28日 (月) 00時11分

ぷちさん
コメントありがとうございます。
SDカードは中の解析の為にバックアップは取りました。
最初の質問によって性格が決まる、そのデータはSDカードに書かれるんでしょうかね?
他に、メインや、音声認識、リモコンボードなど、どこかのマイコンに書き込まれるってことはないんでしょうかね?

投稿: micono | 2014年7月28日 (月) 09時15分

私も素人ながらどこかに書き込まれるのかとも思ってたんですが、SDカードのデータをフォーマットして再度書き込んだら、初期設定になりました。
でも、Windows上で確認したんですが、SD内のファイル数もデータサイズ(1バイト単位までも)も一緒でした。
どういう仕組みなんでしょうかね・・・
ちなみに質問もランダムでした。

投稿: ぷち | 2014年7月28日 (月) 22時52分

もう少し調べたんですが、PCにオープニング後のデータコピー→SDフォーマット→PCにコピーしたオープニング後のデータをSDコピーしたら、オープニングにはなりませんでした。
SDスロットにスイッチがあるわけではないんでしょうし、ファイルの何かの日付?とか、SDのデータを読み取ってカウントしてるのかとか、色々想像して比較しようとしましたが、私には手掛かりつかめませんでした。

投稿: ぷち | 2014年7月29日 (火) 00時32分

ぷちさん
どのファイルもサイズが変わってないからといって、ファイルに書き込まれてないとも言えないですからね。
性格が書き込まれている領域が0ならオープニングとかね。。

投稿: micono | 2014年7月29日 (火) 00時40分

中身8バイトバイナリーの性格.LOGというファイルがありますね。この数値が変わるんでしょうね。

投稿: micono | 2014年7月30日 (水) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/59820096

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊 ロビ」 第69号:

« 「オール・ユー・ニード・イズ・キル(All you need is kill)」を観ました | トップページ | mbed HRM1017 (1)mbedなBLE開発ボード »