« 「思い出のマーニー」を観ました | トップページ | mbed HRM1017 (7)techBASICでナイトライダー »

mbed HRM1017 (5)温度を計測(konashi.js編)

Adt7410_2

前回、TMP102やADT7410のI2Cで温度を計るプログラムを作りました。前回はCentralのアプリは既存のnRF Toolboxアプリを使って表示しましたが、今回はkonashi.jsで表示してみたいと思います。プログラムや配線は前回と同じものを使います。

onembedのコード

konashiと同じサービスとキャラクタリスティックを使うことで、既存のkonashiのアプリを少し返る程度で利用することができます。前回、サンプルで使った「BLE_ADT7410_TMP102_Sample※新しいタイプのコードに書き換えないと動作しません)」では、#define KONASHI 1で条件コンパイルで使い分けられるようにしてあります。

konashiを使う場合は、サービス:0xFF00、i2c読み込みのキャラクタリスティック:0x300Fに設定します。以下の辺りを確認してみて下さい。

Safariscreensnapz039

konashiの場合は、取得した温度の値は、整数値を1バイト目に、小数点以下1桁を10倍した値として2バイト目としたデータを送信するようにしました。

Safariscreensnapz041

 

twokonashi.jsのコード

以前作ったADT7410で温度表示ができる「I2Cテスト (温度計:ADT7410)」をmbedの方で送信するデータに合わせて少しだけ改変したのを作りました。

です。

konashi.jsでアクセスして使います。なお、konashiの使い方に関しては、こちらを観て下さい

i2cReadでvalueに取得した2バイトの値は、oneで書いたように「整数値を1バイト目に、小数点以下1桁を10倍した値」なので、78行目の式で温度の値にしてます。

Safariscreensnapz040

three動作テスト

App Storeからkonashi.jsアプリをダウンロード

動作チェック

  1. konashi.jsを起動
  2. Userからmicutilを検索
  3. 温度計ADT7410 or TMP102 with mbed HRM1017」をタップ
  4. 「矢印」をタップ
  5. 「Connect」をタップして接続

Img_5498_2 Img_5499_2

Img_5500 Img_5501

上手く取得できたでしょうか?

konashi.jsを使うには、JavaScript, CSS, HTMLを使いこなせないとなかなか思ったプログラムが作れませんよね。私は非常に苦手です。私は次回紹介するtechBASICを使ったプログラムの方が気軽で好きかなぁhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ

Photo  

|

« 「思い出のマーニー」を観ました | トップページ | mbed HRM1017 (7)techBASICでナイトライダー »

無線(mbed HRM1017)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221673/60022185

この記事へのトラックバック一覧です: mbed HRM1017 (5)温度を計測(konashi.js編) :

« 「思い出のマーニー」を観ました | トップページ | mbed HRM1017 (7)techBASICでナイトライダー »