ロボット関連

関東ロボット練習会#83に行ってきました

20130503_163842

2013年5月3日(金)のことなんですが「関東ロボット練習会#83」へ行ってきましたhappy01paper

日時: 2013年 5月 3日(金) 13:00~20:00
場所:草加商工会議所 3階 第1会議室
最寄: 東武伊勢崎線 草加駅 (東口徒歩12分)
    バスの場合は草加駅東口から東武バスで二つ目の
    停留所「商工会議所会館前」で下車
    路線は 草加09、草加10、草加13 路線図(PDF)
参加費:500円
参加者:「関東ロボット練習会#83」のページ

今回は、始まる13時に行って、飲みお開きになるまでフル出場でしたhappy01

「第3回ロボゼロ練習会」が開催されるといいなぁと思って。「ロボゼロ練習会」は、GIYさんが来ないと始まらないsign02ので、最近は何かとお忙しいでしょうから、念のためお誘いしておきましたhappy01 お誘いしたからこられたわけではないかと思いますが、やっぱ生ミイたん観れたのは嬉しかったですねhappy01

今回は特別「第3回ロボゼロ練習会」としてなかったですが、ロボゼロもたくさん集まりましたし、GIYさん、ロボゼロの調整サポートしっかりしてましたもんねぇ。私は自分のことで手一杯な感じでしたcoldsweats01 あと、「第1回ロビ集会」というわけではありませんが、ロビもたくさん集まりましたhappy01って言うか、ロボゼロユーザーロビユーザーで持ってきてたって感じjでしょうかねcoldsweats01

Ren83

さて、毎回、わ〜っと慌ただしいんですが、今回はこれまで以上に慌ただしく感じました。でも、予定通り、ランエレさんと打ち合わせできたし、ロボザック、ロボゼロの頃から、オンラインだけで逢えてなかった方にもお逢いできたし、たくさん収穫がありましたhappy01

また、行ける時を楽しみにしてます。また次回お逢いできるときも、みなさん、よろしくお願いしますhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロボ・ガレージ10周年EXPO×柏タカシマヤ開店40周年記念 ロボットクリエーター 高橋智隆展

Safariscreensnapz056
ロボ・ガレージ10周年EXPO×柏タカシマヤ開店40周年記念 ロボットクリエーター 高橋智隆展」が4月24日(水)〜5月6日(月)に以下のように開催されますねhappy01

27日と3日にトークショーがあるようです。ネタとして、ちょっと行ってみてもいいかなって思ったけど、27日は映画観るし〜、3日は「関東ロボット練習会」で、天秤にかけて”トークショーの負け〜”coldsweats01

でも、せっかくゴールデンウイークだし、行けそうな日があった行ってみるかなとも思ってます。ってか、柏ってどこらへんだろcoldsweats01

--------------------------------
■4月24日(水)〜5月6日(月・振休)
■T館地下2階 催会場
※連日午前10時~午後8時まで開催。
※4月26日(金)は、誠に勝手ながら関係者レセプションのため、午後6時45分にて閉場させていただきます。あらかじめご了承ください。
※最終日は午後4時閉場。

主催:ロボットクリエーター高橋智隆展 実行委員会
後援:柏市教育委員会
協力:株式会社 デアゴスティーニ・ジャパン/ヴイストン株式会社
入場料:一般500円/学生200円/小学生未満無料

【EVENTS】

高橋 智隆氏 トークショー
■4月27日(土)午後3時~
■5月3日(金・祝)午後3時~
■場所:TKPシアター柏(各回先着130名)
※トークショー参加ご希望のお客様へ
当日、午前10時よりT館タカシマヤ3階エントランスにて、整理券を配布いたします。

ロボット ワークショップ開催!
■5月2日(木)〜6日(月・振休)
※詳しくはホームページまたは係員におたずねください。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東ロボット練習会#83に行く事にした

20120915_142537x

関東ロボット練習会は、ほぼ毎月開催されているんですよね?けど連休じゃないとなかなか参加できないです。で、今度の関東ロボット練習会#83はゴールデンウイーク中に開催されるので、早々に参加表明しちゃいましたhappy01paper

日時: 2013年 5月 3日(金) 13:00~20:00
場所:草加商工会議所 3階 第1会議室
最寄: 東武伊勢崎線 草加駅 (東口徒歩12分)
    バスの場合は草加駅東口から東武バスで二つ目の
    停留所「商工会議所会館前」で下車
    路線は 草加09、草加10、草加13 路線図(PDF)
参加費:500円

「第3回ロボゼロ練習会」としてやるのかなぁ?
「第1回ロビ集会」とかやらないかなぁ(^^)?

とりあえず、ロビは持って行こかな?
みなさんに逢えるのが楽しみですhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5V対応SBDBTがついに発売開始!

Img_2173_800

名前は「SBDBT5V」(写真左)paper
※写真右のBluetoothアダプターは別売りです

個人的に待望の、リクエストしていたPICマイコン基板「SBDBT」の5V対応版が2012年10月25日ついに発売開始となりました(ランニングエレクトロニクスsign01

5Vの認証済みBluetoothモジュールはなかなか売ってないので、とても有用だと思います。

SBDBTに関しては、過去に書いたSBDBTに関連するブログをまとめておきましたので、そちらを見て下さい。

Img_2175_800
※左:SBDBT5V、右:SBDBT

ということで、今回は、新しく発売された5V対応SBDBTについて、従来型のSBDBTとの違いを比べてみましたので、参考にして下さい。(※なお、ここで書かれていることは2012/10/26時点の事柄でありあくまでも参考程度にして下さい。実際のことに関してはランニングエレクトロニクスさんのページで得られる資料などで、各自ご確認下さい。)

●電圧関連(の違い)

SBDBT5VはLDOレギュレータを搭載し、従来型と同じ3.3Vから5Vまでの入力電圧に対応しています。信号は、6番/7番/10番ピンはバッファ(レベル変換IC)出力により、3.3V電源で使用すると3.3V出力、5V電源で使用すると5V出力となります。また、4番/5番/8番/9番ピンは5.5Vトレラント入力/3.3V出力となってます。

●サイズ(の違い)

SBDBT5Vは、LDOレギュレータとバッファが搭載されたことにより、外寸が 約23.46x24.13x17mm(ピン含む)となり、横が0.5mmほど、縦が3.14mm大きくなりましたが、電圧や信号の変換を自作することを考えれば、このサイズの差は全く問題ない、というか自作するより小さくなりますよねgood

●ピン配列(の違い)

従来型とピン配列コンパチです。基本的にこれまでと同じに使えます。

●ファームウエア(の違い)

従来型とファームウェアコンパチ(※6番/7番/10番ピンを出力として使用する場合)です。これまでと同じもので使えます。

●価格(の違い)

SBDBT5Vが3,980円となり、SBDBT(2,980円)より1000円高くなりましたが、Bluetoothアダプターと合わせて5000円程度なので、1000円高くなったとは言え、まだまだ低価格なBluetoothモジュールですよねhappy01

●試してみた(違い)

とりあえず私の利用目的であるロボゼロで、

  • SPPファーム + VS-C2 for Android
  • Wiiファーム + Wiiクラシックコントローラー
  • PS3ファーム + PS3 DUALSHOCK3

動作テストしてみました。

従来型の場合、電圧の違いがあるために別途回路を作りそれにSBDBTを付ける必要がありましたが、SBDBT5Vなら無線ポートからの3本をそのままSBDBT5Vの2,3,7番につなぐだけなので、すごく簡単で、省スペースsign01
Img_2196_400_2

頭部の中にもピッタリ納まりますよhappy01rock
Img_2190_800 Img_2191_800

コントロールに関しても、従来型と同じ様に問題なく動きましたscissors

以上、今回はこれくらいで、ロボゼロとSBDBT5Vに関しては、別途もう少し書きたいと思っていますので楽しみにしていて下さいhappy01

---
ランニングエレクトロニクスさんHPリンク

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

Bluetooth通信モジュールとして使える「SBDBT」を買いました

ランニングエレクトロニクスさんから出ている小型マイコン基板 「SBDBT」というのを買いました。

これお勧めですsign01

●外観は、2.54mmピッチ10ピンの足がついており、表には、USBコネクタが付いており、一見、USBコネクタのブレイクアウトボードの様に見えますが、基板の裏には、PICマイコンが付いており、中には、Bluetooth SPP Server用のファームが書込まれているため、Bluetoothアダプタを装着するだけで、簡単にBluetooth通信モジュールとして使えるという仕組みになっています。(※SBDBTにはBluetooth USB アダプターは付いておりません。お持ちでない場合は別途お買い求めが必要です)

Sbdbt_2

Sbdbtbtdongle

●ハードウエア仕様は、ざっと

  • 入力電源:2.55V〜3.6V (CPU 32MHz)
  • 外形寸法:約22.86mm×20.32mm×17mm(ピン含む)
  • CPU:Microchip社PIC24FJ64GB004T-I/PT(16 ビット CPU)
  • 動作周波数:最大 32MHz
  • 消費電流: CPU 単体アクティブ時 30mA 程度 (3.3V,32MHz)

といった感じです。

さらに詳細を知りたい方はSBDBTのページにあるマニュアルをご覧下さい。

●ファームの書換えは、pickit3で簡単に行えます(詳しくはマニュアルを)。

マックでバーチャルマシン(Parallels Desktop for Mac)でWindows7を動かした、MPLAB 8.87やMPLAB X ver1.30。そしてマック版のMPLAB X ver1.10でもコンパイル、書込み、および、動作確認しましたが、私のやった範囲では問題なく動きました。

ここで書く事でもないんですが、MPLABでも、MPLAB Xでも、パワー供給をオンにしないと上手く書込みできませんでした。

Mplab_idescreensnapz001

●ファームのサポートに関しては、サポートページに最新版がアップロードされてます。

現在(2012/9/9)は、

  • Bluetooth SPP Server
  • Wiiリモコン通信
  • PS3コントローラ(SIXAXIS)通信:近日公開予定

SPPサーバーのファームだけでも嬉しいんですが、なんと、WiiやPS3のBluetooth無線対応のゲームパッド用のファームもダウンロードできます。

●XBeeタイプ版もあり、XBee用に設計された装置に接続することができる。XBeeのような形をしたSBDXBTという名前のバージョンも用意されています。こちらもSPPサーバーなど、SBDBTと同じようにファームが用意されています。普段XBee系をお使いの場合は、このXBeeタイプもいいのではないかと思います。

●価格

SBDBTの価格は、2980円です。

手持ちのBluetoothアダプタは、凄く古かったのでBluetooth ver4.0+EDR/LEに対応している、BSHSBD08 (iBuffalo) を新たに購入しなおしました。1000円程度でした。どのアダプタが動作チェック済みかは、マニュアルに書いてあります。

無線関連は日本の技術適合にかなりお金がかかるせいもあってか、SPP対応Bluetoothモジュール結構高いんですが、認可はBluetoothアダプタにお任せしちゃうタイプのモジュールなので、両方合計しても4000円程度。お安く済みますhappy01

●今後

今後どのように改良されて行くのか期待しちゃいますね。まずはPS3コントローラ(SIXAXIS)対応ファームが近日公開ですhappy01paper

その他に

  • SPPサーバーのATコマンド対応とか
  • WiiのClassicコントローラ対応とか
  • 贅沢言うなら5V対応とか

兎に角、日本の会社なので、質問もし易いですし、現に、とても親切にサポートして頂けるので、とても助かりました。SBDBTお勧めです。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bluetoothモジュール「FB155BC」を買いました

国内電波法認証取得済みで、RBT-001と同程度か少しお安い感じだったので(1週間くらい前に)Bluetoothモジュール「FB155BC」を買いましたhappy01

FB155BC」は(韓国の製品かな?)、Bluetooth 2.1 Class 2 に準拠した国内電波法認証取得済みの Bluetooth モジュールです。

Screensnapz143_2

認証済みなので、安心して使えますhappy01scissors

主な仕様は

  • Bluetooth 2.1 Class 2
  • Bluetooth SIG 認証、国内電波法認証取得済み
  • マスター / スレーブ 両使用可
  • チップアンテナ搭載
  • 搭載プロファイル: SPP、GAP
  • AT コマンドによるカンタン操作
  • シリアル通信: 1200~230400bps
  • 動作電圧: 3.3V
  • ピンピッチ: 2.54mm ピッチ(ブレッドボードにそのまま装着可能)
  • サイズ:18x20x6mm

です。

「ジャングルストア」にて販売されており、4800円(税込み、送料別)です。

Arduinoのシールドも出ていまして、送料のことを考えるとシールド付きの方を買った方がお得感があって、私はそちらを買いましたが、シールドはまだ全く使ってませんcoldsweats01

RBT-001とほぼ同じ値段ですが、サイズは縦横ともに1cm程小さく、ATコマンドによる設定変更の操作も、とても簡単便利でいいですhappy01

マニュアル、ATコマンドは、「Surfgrid」のサイトからダウンロードできますが、どちらも英語ですので読むのが面倒ですhappy01sweat01

が、サポートを受けたい場合はこのページのリンク先で問い合わせできます。

そう言えば、先日RZ1Terminalのバージョンアップをしたんですが、そのバージョンアップは、これのATコマンド入力対応の為でしたhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SoftModemインターフェースボード で遊んでみる(3)

前回「SoftModemインターフェースボード で遊んでみる(2)」の続きです。2年ちょっと前に、ロボザックの赤外線リモコンのドコモのiアプリ版のRZ1Infraredというのを作ってみましたが、
Safariscreensnapz001

今日は、SoftModemインターフェースボードで、ロボザックの赤外線リモコンを行う為の、iPhone用のアプリを作ってみましたhappy01paper

oneコード

  • SoftModemインターフェースボードのページで、「SoftModemTerminal iPhoneアプリ」のサンプルプロジェクト SoftModemTerminal-004.zip をダウンロード
  • このページの「iPhoneソースコードの使用方法」に書いてある通りに、必要なことがらを組み込んで、後は自分用にアレンジすればいいかと思います。
  • 私の作ったコードは、そのうち、ダウンロードできるようにするかもしれませんcoldsweats01

twoアイコンは、以前作ったiアプリは、ロボザックが携帯電話を持っていたんですが、その携帯をiPhoneに持ち替えたアイコンにしましたhappy01

Iosscreensnapz002

threeシミュレータのスクショ

Iosscreensnapz001

fouriPhone上での写真
Dsc00268x

sixシミュレータの動画
----------------

----------------
----------------

ROBOMIC

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SoftModemインターフェースボード で遊んでみる(2)

前回は2010年8月1日でしたsweat01久々に続きをやってみましたpaper

one4極オス~オスケーブル購入
9月4日に上野の博物館へ行った時にコンピュエースの秋葉原店comonのW435-15を買いましたhappy01 1.5mで270円(税込)でした。

twoとりあえず、SoftModemインターフェースボードにピンヘッダをハンダ付け
Softmodem

three配線
iPhone、SoftModemボード、Arduinoとの配線はこんな感じhappy01
あと、赤外線LEDを13番sign01
えっと、前回書かなかったんですが、
目的は『iPhoneで赤外線リモコンするsign03なんですhappy01paper
Smhaisen

Iphonesoftmodemarduino

fourボリューム調整
Arduinoの電源電圧に合わせて調整します。AIN1の電圧をテスターで計り、(VCC/2) + 300mVになるよう調節します。

  • 5V電源の場合、2.7V
  • 3.3V電源の場合、1.95V

Denatsu

fiveSoftModemTerminal iPhoneアプリ

  • SoftModemTerminal-004.zip をダウンロード
  • ビルドして、iPhoneに転送して使えます。
  • 前回、これをコンパイルして試してみましたが、
  • 次回の機会に目的に合わせて改変予定

で、iOSの開発者登録を行ってない方の為に、『音響電文』というiPhoneアプリが公開されてます。

sixiPhoneで赤外線リモコンする為のArduinoスケッチを作ってみる

  • SoftModem用ライブラリーのSoftModem-004.zip をダウンロード
  • 解凍して、スケッチブックのフォルダの「libraries」というフォルダに入れる。
  • SoftModem用サンプルスケッチ(ここのページ)と、
  • 赤外線送信用スケッチ(以前作ったもの)を合体させ、
  • 今回はiPhone側のアプリを『音響電文』を使って、
  • iPhoneから赤外線送信ができるようにテストスケッチを作成してみましたscissorshappy01
  • スケッチダウンロードできるようにしようかと思いましたが、また次回以降にしようかと思ってます。今回はスクショで失礼させて頂きますcoldsweats01
    Arduinoscreensnapz001

----------------

ROBOMIC

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

エヴァンゲリオン実物大初号機建造計画@富士急ハイランド

富士急ハイランドエヴァンゲリオン実物大初号機建造計画というのがやってまして、実物大エヴァンゲリオン初号機を見てきましたscissors 良かったですよ〜happy01heart04
Img_1153

  • フリーパス利用可です(キッズパス利用不可)。
  • カメラ撮影は、三脚を使用した撮影は禁止、フラッシュおよび投光器を使用した撮影は禁止、ミュージアムゾーンでの撮影は禁止。
  • エントリープラグ登場体験は、記念撮影付きで1000円

Ar_14 大失敗したんですが、あの今年4月にローソンが箱根で実施し、大きな反響を呼んだ「エヴァンゲリオン初号機ARアプリ」が、7月23日(金)~8月31日(火)の期間限定で復活していたそうで、パビリオンの上に立っていたようですcrying iPhoneで、こんな写真何枚か撮ったのに...sign03 ARアプリのこと知ってれば。。。
Img_1137

あ、そうそう、ゼーレのSound Onlyの裏側は、こんな感じでした。知ってましたsign02
Img_1176

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Make: Tokyo Meeting 05 行ってきました

今日(5/22)Make: Tokyo Meeting 05行ってきましたhappy01楽しかったですscissorsとりあえずまだ明日もやってるよsign03
Safariscreensnapz034

  • 日時: 2010年5月22日(土)、23日(日)
  • 会場: 東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区大岡山2-12-1)
    東急大井町線、目黒線「大岡山駅」徒歩1分
  • 参加費: 無料
  • 主催: 株式会社オライリー・ジャパン
  • 共催: 東京工業大学、多摩美術大学 情報デザイン学科

-------------------------------------

いちおう、順不同で、あれこれ書いときますhappy01

  • surprise_window:作ってみた。けど、これでいいのかsign02わからないし、使い方もわからないsweat01
    Img_0587
  • Padnote:iPadに見えるノートです。希望小売り価格700円って高いけど、いい〜heart04買ったよ!これは単にiPadに見えるノートというだけでなく、iPadアプリのUIデザインの為に役立つグリッドが入ってます!パワーボタンの型抜きも芸が細かいね〜happy01
    Padnote_top2
    そうそう、アプリアイコンのチロルチョコが。。。!売ってくれるのか聞かなかったけど、これは非売品かな!?
    Img_0559
  • iPadのスタンド:これいい〜heart04リンク先の写真は横置き。反対側を使えば、縦置き用のスタンドになる。差し込む位置を変えれば角度も変えられる。穴に紐を通せば、頸からかけられるshineflairまだ試作品しか置いてなくて、欲しかったけど、発売まで待つことにしよ〜!3000円前後らしい。そうそうiPhone用は1000円前後で既に売ってるみたい。
    Img_0564 Img_0565 Img_0566 Img_0561
  • スイッチサイエンス:これだけ沢山で90円。あとシールももらえたhappy01
    Img_0583
  • CatCAM:GPS+Bluetooth+Camera+MicroSDのモジュール、まだ試作品。まだ25000円くらいかかるらしい。1万くらいで作れるようになれば市販にと言ってた。てか、これだけあれこれ付いてて猫だけに使うのはもったいない。
  • koressさん:Arduino互換機対応 心拍センサシールド
    というか、あの無線LAN内蔵デジタルカメラ「CEREVO CAM live!」で、会場UST配信中
    Img_0576
  • V-Sido:ブジドーと発音するみたい。マウスをつかった直感的な操作で人型ロボットを思い通りに動かせるソフトです。直感的な操作。これは実際に見てみないと凄さはわからないと思う。
    Img_0568
  • 学研「大人の科学」:先日発売となったVol27がデモで置いてありました。Japaninoにも興味はあるけど、Arduino3個持ってるしなぁ。。3100円とお安くなってたけど、今日は買いませんでした。
    Vol.27
  • UDAR:ウダーという、電子楽器。宇田さんが開発したので、ウダーなのかな?宇田さんが生演奏。奇麗で心地よい音色で良かったですhappy01で、このウダーが「大人の科学」の付録になるようですよ!付録でもあの奇麗な音が出せるのかな?付録になったら買ってみたいhappy01
    生演奏のムービー
    Quicktime_playerscreensnapz001 
  • 横川こーぼー:プログラミング環境「Scratch+Arduino」 と「Squeak+Gainer」のプレゼンを聞いた。ま、必要ないと思うけど、暇な時にやってみてみよ〜っとsign01
  • Go Simulation!:物理演算ロボットシミュレーター。開発中?定価18000円(税込み)予定らしい。製品としてインターフェイスに関しては手抜きな感じだけど、シミュレーションに関しては凄いね。
  • Img_0567

  • mbed NXP LPC1768:Arduino + Etherネットな感じのモジュール
  • ガジェットカフェ:いちおうフォローしたhappy01
  • マトリョミン:出展されてたのは、マトリョミン奏者のよっちさん。以前テレビで見たことあるけど、なんでマトリョーシカ人形?って感じ。
    Img_0579
  • BigDigi:超大型キャラクターディスプレー???一見、なんなのかわからんです。CDドライブのトレーの開閉でキャラクターディスプレーって。。。こういうの好き〜happy01
    Img_0574
  • Kotoriヘッドフォン:イヤーパッド、ベース、リング、カバー、コードなどなど、各部位ごとに17色の中から選択して組み合わせることができるイヤホンhappy01あとスワロフスキーの石も入れられる!
    いまのiPhoneのケースの色に合わせて、黄色をベースにレゲー風な色使いでデザインしてみた(デザインしてみるhappy01
    Firefoxscreensnapz001
  • あっちの世界がこちらに来てくれた、アレです!
    以前ここでみたなぁ〜happy01
    Img_0556
  • ARのマーカーの上に、登場sign03ってsweat01
    Img_0551
  • 佐藤ロボット研究所さん
    Img_0571 Img_0572
  • 超小型飛行体研究所羽ばたき飛行機とか
    リンクはここでいいのかな?インドアプレーンがリモートコントロールされてるなんてビックリ。赤外線でコントロールされてるのかな?人が多くて説明きけなかったweep
    Img_0581
  • 無理矢理、100円でゲット!
    わかるかなぁ〜?これiPadに似せたクリアファイルです
    Img_0588

| | コメント (3) | トラックバック (0)