工作・改造・解析

Maker Faire Tokyo 2014 に行ってきました

20141123_121846x
すいません、ずいぶん前の話ですが、11月23日にMaker Faire Tokyo 2014 に行ってきましたhappy01
今年は東京ビックサイトで行われると言うことで、ここんところギュウギュウでゆっくり見れなかったのが、今年は解消されると楽しみにしていましたが、借りてた会場が、小さ過ぎsign01sign01sign01結局ギュウギュウでろくにみることができませんでした。

とは言え、メイクは楽しいですよねhappy01お知り合いに逢ったり、質問したり、情報交換の場として、とても良いイベントですよねhappy01

でも、あの混み様じゃぁ、それどころじゃないですからね。是非是非是非、来年は2〜3倍の会場でやって頂きたいと思います。

写真も何枚か撮りましたが、自分のiOSアプリを採用して頂いてる「じぇーけーそふとのこーなー」さんのとこの写真だけ載っけときますhappy01今年は「うおーるぼっと」のBLE版の「うおーるぼっとBLE」を展示してました。
20141123_133001x

----------------

にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤーストリッピングゲージ

20140530_214455

ブレッドボードマニアックの「ワイヤーストリッピングゲージ」です。一般販売より早い4月ごろに手に入るということで、KickStarterでプレオーダーして、たんですが、遅れに遅れて一般販売の1〜2日前に届きましたdown

ワイヤーをストリップする時のゲージとして使えるというもので、ワイヤーストリッパーに付けて使います。

旧型はワイヤーストリッパーの装着がいまいちだったんですが、新型は、ちゃんとフィットして使いやすくなりました。

20140531_001540

ワイヤーをストリップする機能だけでなく、ワイヤーの足を曲げる、抵抗類のパーツの足を曲げるICの足を曲げるさいに曲げやすい機構もついてて便利です。

20140531_001512

ということで、ワイヤを切り切りして配線スッキリさせましたhappy01
20140531_001004x

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Arduino関連の本を買いました

8月31日の話ですが「作って遊べるArduino互換機 」と「ボクのArduino工作ノート 」のArduino関連の書籍を2冊を買いましたhappy01


作って遊べるArduino互換機 」は、本屋さんで、特別に付録が付いていて、Uncompatinoの基板が1つおまけについてきてて計2つの基板と、CDが付いてました。あと「ボクのArduino工作ノート 」は全文のPDF等が入ったCDが特別に付いていました。※アマゾンで買うと特典は付いてこない可能性が高いです。

Uncompatinoのパーツは、秋月で1000円で買えるので、計2セット注文しましたhappy01paper

で、ひとつは3.3Vにするために

  • 低損失三端子レギュレーター 3.3V800mA NJM2845DL1-33
  • 0.33μF積層セラミックコンデンサー
  • 100μF電解質

あたりも合わせて注文しましたhappy01

これまで買ったArduino関連の書籍は、


です。Japaninoが付いてた「大人の科学」は書籍って感じではないですけどね。兎に角、少しArduinoを勉強しようかと思ってますhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Maker Faire Tokyo 2012 12月1-2日開催

Safariscreensnapz022
Maker Faire Tokyo 2012が12月1-2日に科学未来館で開催されます。行こうかず〜っと迷ってたんですが、結局、行く事に。前売りチケットをイープラスで買いましたhappy01paper

日時:2012年12月1日(土)12:00~17:00、2日(日)10:00~17:00(予定)
会場:日本科学未来館 企画展示ゾーン(1階)ほか
東京都江東区青海2-3-6
入場料:
前売:大人 1,000 円、18歳以下 500円
当日:大人 1,500 円、18歳以下 700円
※ 小学校未就学者は無料

Make: Tokyo Meeting」(2008年〜)という名前で、(そうでない時もあったのかもしれませんが)東工大で入場無料で行われてて、毎年楽しみに行ってましたが、今年(2012年)から、全世界共通の名称「Maker Faire」としてリニューアルされ、場所も科学未来館になり、入場も有料になってしまいました。

遠くなったし、有料になってしまったので、悩んでたんです。けど行く事に決めたらワクワクが込み上げて止まりませんhappy01heart04

今年も出展数多いですよね〜。私は2日目の2日(日)に行きますhappy01paper出来るだけゆっくりと沢山見たいんで、頑張って早めに行こ〜っとhappy01

Maker Faire Tokyo 2012

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5V対応SBDBTがついに発売開始!

Img_2173_800

名前は「SBDBT5V」(写真左)paper
※写真右のBluetoothアダプターは別売りです

個人的に待望の、リクエストしていたPICマイコン基板「SBDBT」の5V対応版が2012年10月25日ついに発売開始となりました(ランニングエレクトロニクスsign01

5Vの認証済みBluetoothモジュールはなかなか売ってないので、とても有用だと思います。

SBDBTに関しては、過去に書いたSBDBTに関連するブログをまとめておきましたので、そちらを見て下さい。

Img_2175_800
※左:SBDBT5V、右:SBDBT

ということで、今回は、新しく発売された5V対応SBDBTについて、従来型のSBDBTとの違いを比べてみましたので、参考にして下さい。(※なお、ここで書かれていることは2012/10/26時点の事柄でありあくまでも参考程度にして下さい。実際のことに関してはランニングエレクトロニクスさんのページで得られる資料などで、各自ご確認下さい。)

●電圧関連(の違い)

SBDBT5VはLDOレギュレータを搭載し、従来型と同じ3.3Vから5Vまでの入力電圧に対応しています。信号は、6番/7番/10番ピンはバッファ(レベル変換IC)出力により、3.3V電源で使用すると3.3V出力、5V電源で使用すると5V出力となります。また、4番/5番/8番/9番ピンは5.5Vトレラント入力/3.3V出力となってます。

●サイズ(の違い)

SBDBT5Vは、LDOレギュレータとバッファが搭載されたことにより、外寸が 約23.46x24.13x17mm(ピン含む)となり、横が0.5mmほど、縦が3.14mm大きくなりましたが、電圧や信号の変換を自作することを考えれば、このサイズの差は全く問題ない、というか自作するより小さくなりますよねgood

●ピン配列(の違い)

従来型とピン配列コンパチです。基本的にこれまでと同じに使えます。

●ファームウエア(の違い)

従来型とファームウェアコンパチ(※6番/7番/10番ピンを出力として使用する場合)です。これまでと同じもので使えます。

●価格(の違い)

SBDBT5Vが3,980円となり、SBDBT(2,980円)より1000円高くなりましたが、Bluetoothアダプターと合わせて5000円程度なので、1000円高くなったとは言え、まだまだ低価格なBluetoothモジュールですよねhappy01

●試してみた(違い)

とりあえず私の利用目的であるロボゼロで、

  • SPPファーム + VS-C2 for Android
  • Wiiファーム + Wiiクラシックコントローラー
  • PS3ファーム + PS3 DUALSHOCK3

動作テストしてみました。

従来型の場合、電圧の違いがあるために別途回路を作りそれにSBDBTを付ける必要がありましたが、SBDBT5Vなら無線ポートからの3本をそのままSBDBT5Vの2,3,7番につなぐだけなので、すごく簡単で、省スペースsign01
Img_2196_400_2

頭部の中にもピッタリ納まりますよhappy01rock
Img_2190_800 Img_2191_800

コントロールに関しても、従来型と同じ様に問題なく動きましたscissors

以上、今回はこれくらいで、ロボゼロとSBDBT5Vに関しては、別途もう少し書きたいと思っていますので楽しみにしていて下さいhappy01

---
ランニングエレクトロニクスさんHPリンク

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

「はんだ シュッ太郎」 ちょ〜気持ちいい

これは、ピペットマンじゃありませんよhappy01sign01
20121010235629

奇麗にハンダを吸い取るのが苦手で、ホールの中奇麗にしようと吸い取ってる先から、別の穴を埋めちゃったりとかねsweat01

吸い取り器を買おうと思いつつ、こういったものにはなかなかお金かけられず後回しになってしまいますよねcoldsweats01

今回、SBDBTのピンを手早く奇麗に抜きたかったこともあって、アマゾンで検索してたら、「はんだ シュッ太郎」というのを見つけましたhappy01


仕事帰り電車の中でになにげにiPhoneで検索してたんですが、「おおsign01これはsign01」と、即、注文しました。送料込みで3900円だったけど、少し上がってますねbearing

さて、「はんだ シュッ太郎」 とは、はんだゴテと吸引機が一体化したものです。吸取り線でも、吸い取り器でも、コテ右手に、左手に吸い取り器って、なかなか器用にやるのは難しいですよね。一体化してれば、簡単そうじゃないですかsign02

20121010235543

SBDBTのピンヘッダを早速抜いてみましたpaper

ハンダを取りたい部分にコテを2〜3秒間押当てて、ボタンを押すsign01

シューsign03 おおsign01魔法のように奇麗に抜けましたよsign01

20121010_233421

20121010_233723

あっという間に、こんなに奇麗に、10本のピンのハンダ吸い取れましたhappy01sign03

「はんだ シュッ太郎」お勧めですpaper

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Bluetooth通信モジュールとして使える「SBDBT」を買いました

ランニングエレクトロニクスさんから出ている小型マイコン基板 「SBDBT」というのを買いました。

これお勧めですsign01

●外観は、2.54mmピッチ10ピンの足がついており、表には、USBコネクタが付いており、一見、USBコネクタのブレイクアウトボードの様に見えますが、基板の裏には、PICマイコンが付いており、中には、Bluetooth SPP Server用のファームが書込まれているため、Bluetoothアダプタを装着するだけで、簡単にBluetooth通信モジュールとして使えるという仕組みになっています。(※SBDBTにはBluetooth USB アダプターは付いておりません。お持ちでない場合は別途お買い求めが必要です)

Sbdbt_2

Sbdbtbtdongle

●ハードウエア仕様は、ざっと

  • 入力電源:2.55V〜3.6V (CPU 32MHz)
  • 外形寸法:約22.86mm×20.32mm×17mm(ピン含む)
  • CPU:Microchip社PIC24FJ64GB004T-I/PT(16 ビット CPU)
  • 動作周波数:最大 32MHz
  • 消費電流: CPU 単体アクティブ時 30mA 程度 (3.3V,32MHz)

といった感じです。

さらに詳細を知りたい方はSBDBTのページにあるマニュアルをご覧下さい。

●ファームの書換えは、pickit3で簡単に行えます(詳しくはマニュアルを)。

マックでバーチャルマシン(Parallels Desktop for Mac)でWindows7を動かした、MPLAB 8.87やMPLAB X ver1.30。そしてマック版のMPLAB X ver1.10でもコンパイル、書込み、および、動作確認しましたが、私のやった範囲では問題なく動きました。

ここで書く事でもないんですが、MPLABでも、MPLAB Xでも、パワー供給をオンにしないと上手く書込みできませんでした。

Mplab_idescreensnapz001

●ファームのサポートに関しては、サポートページに最新版がアップロードされてます。

現在(2012/9/9)は、

  • Bluetooth SPP Server
  • Wiiリモコン通信
  • PS3コントローラ(SIXAXIS)通信:近日公開予定

SPPサーバーのファームだけでも嬉しいんですが、なんと、WiiやPS3のBluetooth無線対応のゲームパッド用のファームもダウンロードできます。

●XBeeタイプ版もあり、XBee用に設計された装置に接続することができる。XBeeのような形をしたSBDXBTという名前のバージョンも用意されています。こちらもSPPサーバーなど、SBDBTと同じようにファームが用意されています。普段XBee系をお使いの場合は、このXBeeタイプもいいのではないかと思います。

●価格

SBDBTの価格は、2980円です。

手持ちのBluetoothアダプタは、凄く古かったのでBluetooth ver4.0+EDR/LEに対応している、BSHSBD08 (iBuffalo) を新たに購入しなおしました。1000円程度でした。どのアダプタが動作チェック済みかは、マニュアルに書いてあります。

無線関連は日本の技術適合にかなりお金がかかるせいもあってか、SPP対応Bluetoothモジュール結構高いんですが、認可はBluetoothアダプタにお任せしちゃうタイプのモジュールなので、両方合計しても4000円程度。お安く済みますhappy01

●今後

今後どのように改良されて行くのか期待しちゃいますね。まずはPS3コントローラ(SIXAXIS)対応ファームが近日公開ですhappy01paper

その他に

  • SPPサーバーのATコマンド対応とか
  • WiiのClassicコントローラ対応とか
  • 贅沢言うなら5V対応とか

兎に角、日本の会社なので、質問もし易いですし、現に、とても親切にサポートして頂けるので、とても助かりました。SBDBTお勧めです。

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bluetoothモジュール「FB155BC」を買いました

国内電波法認証取得済みで、RBT-001と同程度か少しお安い感じだったので(1週間くらい前に)Bluetoothモジュール「FB155BC」を買いましたhappy01

FB155BC」は(韓国の製品かな?)、Bluetooth 2.1 Class 2 に準拠した国内電波法認証取得済みの Bluetooth モジュールです。

Screensnapz143_2

認証済みなので、安心して使えますhappy01scissors

主な仕様は

  • Bluetooth 2.1 Class 2
  • Bluetooth SIG 認証、国内電波法認証取得済み
  • マスター / スレーブ 両使用可
  • チップアンテナ搭載
  • 搭載プロファイル: SPP、GAP
  • AT コマンドによるカンタン操作
  • シリアル通信: 1200~230400bps
  • 動作電圧: 3.3V
  • ピンピッチ: 2.54mm ピッチ(ブレッドボードにそのまま装着可能)
  • サイズ:18x20x6mm

です。

「ジャングルストア」にて販売されており、4800円(税込み、送料別)です。

Arduinoのシールドも出ていまして、送料のことを考えるとシールド付きの方を買った方がお得感があって、私はそちらを買いましたが、シールドはまだ全く使ってませんcoldsweats01

RBT-001とほぼ同じ値段ですが、サイズは縦横ともに1cm程小さく、ATコマンドによる設定変更の操作も、とても簡単便利でいいですhappy01

マニュアル、ATコマンドは、「Surfgrid」のサイトからダウンロードできますが、どちらも英語ですので読むのが面倒ですhappy01sweat01

が、サポートを受けたい場合はこのページのリンク先で問い合わせできます。

そう言えば、先日RZ1Terminalのバージョンアップをしたんですが、そのバージョンアップは、これのATコマンド入力対応の為でしたhappy01

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うっかりサーボのテストボードを破損

電源のコネクターのプラスとマイナスの方向って決まって無いんでしょうか?
例えば下の写真のコネクターは蝶番をにして差し込み側をに向けて、がプラスで、がマイナス
20111126071723 20111126071633

いつも全然気にしてなかったんですが、先日、千石通商さんでかったコネクターは逆でしたsweat01
20111126072211

そんなの注意しないで繋いじゃって、サーボのテストボードを壊しましたcrying
いちおうがプラスで、がマイナスになるように、差し替えたものも作って起きました。
20111126071717

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンビリカルケーブル作るぞ!(ボード側コネクター)

アンビリカルケーブルとボードを繋げる部分を考えてみましたhappy01paper
100dpi_4

oneロボゼロのバッテリーは性能は違うものの、JO-ZEROのバッテリー(左)と同じ系統のものになると思われます。アンビリカルケーブルのコネクターは、このバッテリーと同じになっていると使い勝手がいいってことですよねshine これと同じコネクター(双葉 BC0079 RV71EH用電源コネクタ付ケーブル)は、フタバ産業株式会社さんで360円くらいで購入できます(右)paper

20110417170235

twoボードとバッテリーは写真のような変換するケーブルを介して繋げることになります。

Screensnapz025

このケーブルは、ロボゼロの何号に付いてくるのかまだわかりませんよねhappy02自分で作れるといいんですけど

  • 姫路ソフトワークスさんでは「JO-ZERO添付部品不良時の交換を除いて、単品販売は行っていない」とのことですsweat01 他で買えるとか、部品なら、どこどこで買えるとかだけでも知りたいですね。
  • 正しいかどうかは抜きに、とりあえず、ボード側は、VHR-2Nがささりましたsweat01
  • バッテリー側は、双葉のあの方に教えて頂きましたhappy01バッテリーの端子は「日本オートマチックマシン社のRVコネクタ」の「RV42-02M」とのことです。しかしながら、日本オートマチックマシンからは単品販売がされていないそうです。そこで教えて頂いた手は同じバッテリーを使っている別のロボット「G-ROBOTSのバッテリーコネクタ変換ケーブル」を買って、その端子を利用するという方法でしたhappy01

さっそく、購入しました

20111124235650

RV71EH用電源コネクタ付ケーブルと繋げましたscissors

20111124235932 20111124235935

作ってみました。 

20111125000746_2

threeアンビリカルケーブルのコネクターは「RV71EH用電源コネクタ」になっているものを作ればいいんですが、2.1φDCプラグのケーブルを使えば、他のものにも接続するということを考えると汎用性があっていいので、

four2.1φDCジャックとRV71EH用電源コネクタの変換ケーブルを作りましたhappy01

20111125001948

five完成happy01paper

20111125003807

さて、今回はここまでです。ここに書いてある内容は、すべてが正しいとは限りません。各自の責任において行って下さい。

アンビリカルケーブル作るぞ!(一覧

HSWB-4F関連品ピックアップ

----------------
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧